ボール投げ動作で腰痛改善

ボール投げ動作で腰痛改善

ボール投げ動作で腰痛改善

 

腰痛で悩む人の中には肥満や便秘、膝の痛みや肩こり、糖尿病などを併発している人も少なくありません。これらの症状を改善するために実績を挙げているのがボール投げ動作というものがあります。

 

ボール投げ動作のやり方を説明します。まず自分の体は左右のどちらの筋肉が弱いかを調べる必要が有ります。そして弱いほうの手でボールを投げるつもりで動作をするだけの簡単な運動です。

 

実際にボールを投げる必要は無く、部屋の中でも屋外でも簡単に実行できます。最初は朝晩10回ずつで、体力にもよりますが、なれてきたら朝晩30回ずつを目安にして行なうようにしましょう。右か左の多く当てはまる側の筋肉が弱っていることが多く、そちらの手を使ってボール投げ動作をするようにしましょう。

 

左右の筋肉の強弱を調べるカンタンな方法があります。まず足を組み、左右どちらかの足がいつも上に来てしまう場合には、上に来る側が弱っています。そして、鏡に自分の身体を写し、肩も同じくいつも下がっている側があるとしたら、そちら側の筋肉が弱っている可能性が更に大きいと言えます。

 

また、両の手のひらをあわせて押したときに、大きくなる側の筋肉が弱っているので、首を左右にそれぞれ限界まで大きく回しやすい側が回っているということです。更に、足も同じく伸ばして据わり、両足を持ち上げて足が先に落ちる側が弱っていと言われるので、調べてみるようにしましょう。


筋力の弱い方の手でボール投げ動作を行う

何故弱いほうの手でボールを投げる動作をすると様々な症状が一気に改善するのかというと、この動作を行なうことで体の左右の筋肉のバランスが整えられることによって、身体のゆがみが解消されるからだと言われます。

 

あなたは、ボールを投げるときや、カバンを掛けるとき、または力を入れて踏ん張るときなど、左右どちらに力が入っているかを意識したことがあるでしょうか。

 

たいていの場合は、左右どちらかに決まっているのが相場で、これを日常生活の中で長年の間続けると、普段は使っていない側の筋肉が次第に弱くなって、体の左右のバランスが崩れてくる=ゆがみが発生するのです。

身体にゆがみが発生すると更に悪循環に

身体に歪みが発生すると、間接や内臓、神経や血管など、体のあちこちに負担が掛かるため、様々な症状や病気が起こりやすくなると言われます。こういったゆがみによる身体のトラブルが出てくると、筋肉そのものを使うことが億劫になり、さらに体のバランスが更に崩れていくという悪循環を引き起こしてしまうのです。

 

これに加え、加齢による筋肉の衰えが重なったりすると、ますますいっそう運動不足になり、便秘などの胃腸でのトラブルも出やすくなり、筋肉で使われずにあまった食事のエネルギーは、肥満の原因となってしまいやすくなります。

 

体重が増えることで高血圧や糖尿病、腰痛などの症状もいっそう悪化してしまうというわけなのですが、この悪循環を断ち切るのがボール投げ動作なのです。

 

ボール投げ動作をするときは、出来るだけ全身をつかって大きなフォームで動作することがコツで、腕だけでなく腹筋や背筋、足腰まで左右のあまり使われない側に有る筋肉を意識することが大切です。

腰痛重症の管理人が「本当に助かった」のはコチラのおかげ

ボール投げ動作で腰痛改善

誰もが知っている健康企業、キューピーからグルコサミン&ヒアルロン酸がようやくお手元に届くようになりました。既にグルコサミンとヒアルロン酸をお飲みになっている方は多いでしょうが、それは本当に安心できる会社の商品でしょうか?キューピーさんの商品なら、老若男女誰もが安心して口にできるふしぶしへのお気遣い健康食品として、の評価で、堂々の1位です。
2位の商品は、今まで全く知らなかったこのグルコサミン。実は、ユンケルでおなじみの佐藤製薬社から出ているのです。通常のグルコサミンの3倍の体内補給効率を発揮する N-アセチルグルコサミンを配合した健康食品です。 1日たった4粒で必要な摂取量を補うことができます。なぜそんなことが可能かというと、ユンケル開発で培ったノウハウを生かした健康成分凝縮技術を存分に発行しているからなのですね。ユンケルをお飲みになったことがある方にはこちらの商品をお勧めいたします。
小林製薬のロングセラー商品、【グルコサミン&コラーゲンセット】は、発売以来19万人が愛用し、ふしぶしの健康に役立てられています。やはり体に入れるものは、安心できる会社が作っている商品が一番。同じグルコサミンでも、製薬会社が作っているものは、信頼度がまず違います。小林製薬といえば、日本の製薬会社の中でもご家庭で愛用される医薬品、日用品を数多く輩出している有名企業。1位、2位の商品が合わないという方は、だまされたと思って、1度こちらを試してみてはいかがでしょうか?
 
※注: 腰痛は自分で治すのが理想ですが、ガンや骨粗しょう症による腰痛など、一刻もはやく病院に行くべき腰痛が存在していることも事実です。当サイトで検証する腰痛解消法については、あくまで腰痛症状は自己判断のみに頼らず、かかりつけ整形外科医等の専門家アドバイスを聞きながら行って頂くよう、お願い致します。

ボール投げ動作で腰痛改善関連ページ

日常生活こそが腰痛予防の要
日頃の生活や姿勢といったことこそが、腰痛の大きな原因であるとする医師は多くいらっしゃいます。
私が腰痛を患った当初に試した方法
腰痛の症状が出たとき、まずは痛みを少しでも抑えたい、和らげたい、出来れば、自分自身で何とかしたいと思いますよね。私もそうでした。
蒸しタオルとカイロで腰痛改善
腰を暖める温熱療法は、病院や治療院でも盛んに行なわれている治療法の一つで、赤外線やホットパックのほか、最近では腰を深部から暖める効果のあるマイクロウェーブといった極超音波療法や、超音波療法などが試されています。
馬肉お灸と腰眼で腰痛改善
馬肉灸はお灸のあとがまったく残らないだけでなく、熱が程よく深く体に浸透して患部に作用すると言われます。背骨の一部で腰椎の下にある仙骨にすえることで、子宮の中まで熱を感じるという女性も居るほどで
満員電車のつり革とゴルフボールで腰痛改善
満員電車などでつり革につかまるときにちょっとした簡単な動作を加えたり、ゴル部ボールを身体にあてるだけで腰痛に有効なストレッチにもなるのです。
壁押しストレッチで腰痛改善
人間の背骨は四足歩行から二足直立歩行に進化する過程で、最も直立歩行に適した形状へと進化してきましたが、歩かなくなってしまった現代の生活のおかげで、人間の背骨の形状にも影響が出る事が多くなりつつあると言われます。
青竹踏みストレッチで腰痛改善
青竹を踏む事で足の裏を刺激するだけの簡単な方法で、患者にも負担を与えずに腰痛を解消できる上、腰痛の回復が早まるだけではなく、ぎっくり腰などの再発予防にも役立つとされております。
デスクワーク向けストレッチで腰痛改善
どんなに座り心地のよいイスに座って、よい姿勢を保つ事が出来たとしても、長時間同じ姿勢を撮り続ける事は腰痛の原因となりやすくなります。
お相撲さんの股割ストレッチで腰痛改善
日本の国技である相撲の立ち会いの際には、当たり合う力士の腰に瞬間的に何百キロもの圧力が加わると言われます。しかし腰を痛める力士は少なく、その大きな理由の一つに「まわし」の効果があります。
16円療法で腰痛改善
生体電流の乱れを手軽に直す方法として知られているのが、「異種金属療法(16円療法)」といわれる方法です。
反射区マッサージで腰痛改善
台湾や中国をルーツとするツボ押しの世界では、身体のどこかが悪くなると、別の場所に過度の緊張や、知覚過敏などによって痛みが現れる事は、とても知られている現象で、これを「反射」と呼びます。
慢性腰痛に効くツボで腰痛改善
腹筋刺激を強化すると言われる、「天枢」「大巨」「関元」というツボがお腹にあります。天枢と大巨は、胃経という経路の上にあります。関元は「任脈」という体の前面の中心線上にあるツボで、おへそから指幅約4本分真下にあるものとされています。
お風呂で腰痛改善
既に当サイトでも取り上げましたが、多くの医師や専門家が、お風呂で腰をよく暖めることが、腰痛予防や緩和対策として有効であることを述べています。
みかん酒で腰痛改善
みかんには血液そのものを綺麗にする成分もあります。食物繊維の一種であるペクチンによって、便秘を解消するだけではなく、腸の中でコレステロールの吸収を阻害し、便とともに排出させる働きを持っています。
「食べる薬」と言われる「ゆず」で腰痛改善
ゆずは昔から風邪や冷え性、リウマチ、腰痛、神経痛、下痢、便秘、不眠などを治す食物として健康に役立ってきたとされます。
腰に塩を塗って腰痛改善
風邪の予防に塩水でうがいをしたり、歯周炎や歯槽膿漏の予防に塩で歯茎をマッサージするなど、古くから塩を用いた民間療法は少なくなく、石けんの代わりに塩で身体を洗っていた時代の名残として、入浴時に身体に塩を塗る健康法も、大正から昭和の初め頃までは日常的に良く行われていたそうです。
患部の保温で腰痛改善
腰を暖める保温療法は病院でも盛んに行われており、一般的で効果的な腰痛の治療法の一つとされています。赤外線やホットパックのほか、最近では腰を深部から温める効果のあるマイクロウェーブ療法や、超音波療法などが試みられています。

 
腰痛基礎知識 腰痛症状と対策 自分で行う対策 日常の予防法 酒井の腰痛対策 話題の治療