ぎっくり腰による腰痛

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰による腰痛

 

ぎっくり腰とはつまり「腰の捻挫」です。くしゃみや重い荷物を持ち上げた時、中腰の姿勢から立ち上がったときなど、急な動作がきっかけとなって腰に激痛が走る症状です。骨に対する異常はありませんが、原因としては背骨の後ろ側で椎骨と椎骨を結んでいる小関節が外れかけてその間の関節を覆う関節包などがはさまれて椎間板に小さな傷が入ったり、背骨を繋ぐ靭帯が捻挫の様に引き延ばされて痛みが生じる症状とされています。

 

主な症状としては、腰に激痛が走ったり、痛みがひどいときは動いたり歩いたりする事すら困難となります。その場合には前屈みの姿勢や横になって安静にする事で痛みが和らぎ、少し楽になります。そのため痛みが強い場合は無理に歩いて病院へは行かずに、まずは家で安静にし、楽な姿勢で2?3日安静にしてから、専門医にかかるのがよいでしょう。

 

しかしただ寝てれば良いというわけではなく、少し痛みがあっても早いうちに無理をしない程度に少しずつ身体を動かす事も重要で、まずは安静にして腰を暖めるなどして症状を少し和らげてから動くようにしましょう。


ぎっくり腰は繰り返す?

ぎっくり腰は再発を繰り返す事で椎間板ヘルニアになる事などもあるので、日頃から足腰の筋肉を鍛える事も重要となり、痛み以外の症状がある場合には早めに医師に見てもらうようにします。

 

ぎっくり腰は突然鋭い痛みが起こり、身動きさえままならなくなる急性の腰痛で、医学的には「突発性腰痛」とも呼ばれています。椎間板や関節や靭帯を支配してる神経は腰の筋肉にも繋がっており、ぎっくり腰になると筋肉が強く緊張してけいれんを起こして身動きを取る事が出来なくなるのです。

ぎっくり腰への対策

ぎっくり腰になったときは足首を捻挫した場合などと同様に、氷をビニール袋に入れたものや湿布薬などを貼って患部を冷やす事が必要です。1?2日続ける事で筋肉の痙攣が取れ、痛みが少し楽になるでしょう。

 

その後は患部を暖める事で腰の筋肉の血行が良くなり、痛みの原因となっている炎症物質が吸収されるのです。安静時の姿勢は右でも左でも自分の楽な方を下にして横向きに寝て、背骨を丸めて膝を深く折り、エビの様に丸まって休む事で、腰に最も負担がかからなくなります。

 

しかしぎっくり腰を起こした直後から尿が出ない、便秘になったなど排泄障害が生じた場合や、麻痺が足の先から膝や腰へと上がって広がっている場合、足の親指やふくらはぎなどに力が入らない場合、安静にしてもどんどん悪化して少しも改善しない場合などにはぎっくり腰よりも症状が重く、神経などを痛めている恐れがあるので、救急車を呼ぶなどして速めに医師の診断を受ける必要があります。"

本当に怖いぎっくり腰

ぎっくり腰には、至急を要する応急手当が必要な場合があります。突然鋭い痛みがおこり、身動きさえままならなくなる急性の腰痛の事、医学的には「突発性腰痛」と呼びます。

 

ぎっくり腰には要因として3つの要因が考えられ、一つ目が腰椎と腰椎の間に挟まってクッションの役割をしている椎間板が潰れかけているケース、二つ目が腰椎の後ろ側にある小関節が外れかけているケース、三つ目が腰椎をつないでいる人体が伸びたり切れかかっているケースなどがあります。

 

これらの椎間板や関節、人体を支配している神経は腰の筋肉にもつながっているため、ぎっくり腰になると筋肉が強く緊張してけいれんを起こしてしまうため、身動きが取れなくなってしまうのです。ギックリ腰医師が診断しても上記の3つのどの要因によって起きたのかを判断しにくいものですが、1週間ほど安静にしていれば痛みが消えると言われており、その後は自然と自分で動けるようになるようです。

 

ただし、次のような場合はギックリ腰よりも症状が重く、神経などを傷めている恐れがあるので、救急車を呼ぶなどの早めの医師の診断を受ける必要があります。

 

まず、ギックリ腰を起こした直後から尿が出なくなったり便秘になったケースや、麻痺が足の先から膝、腰へと上がってきて範囲が広がっているケース、足の親指やふくらはぎなどに力が入らないケース、安静にしていてもどんどん悪化して治る気配が無かったり少しも改善しないケースの場合には早や目に医者へ行くようにしましょう。

 

腰痛は様々な要因で起こるものであり、おかしいと思ったら自己判断せずに必ず医師の診断を受けることをおすすめします。

腰痛重症の管理人が「本当に助かった」のはコチラのおかげ

ぎっくり腰による腰痛

誰もが知っている健康企業、キューピーからグルコサミン&ヒアルロン酸がようやくお手元に届くようになりました。既にグルコサミンとヒアルロン酸をお飲みになっている方は多いでしょうが、それは本当に安心できる会社の商品でしょうか?キューピーさんの商品なら、老若男女誰もが安心して口にできるふしぶしへのお気遣い健康食品として、の評価で、堂々の1位です。
2位の商品は、今まで全く知らなかったこのグルコサミン。実は、ユンケルでおなじみの佐藤製薬社から出ているのです。通常のグルコサミンの3倍の体内補給効率を発揮する N-アセチルグルコサミンを配合した健康食品です。 1日たった4粒で必要な摂取量を補うことができます。なぜそんなことが可能かというと、ユンケル開発で培ったノウハウを生かした健康成分凝縮技術を存分に発行しているからなのですね。ユンケルをお飲みになったことがある方にはこちらの商品をお勧めいたします。
小林製薬のロングセラー商品、【グルコサミン&コラーゲンセット】は、発売以来19万人が愛用し、ふしぶしの健康に役立てられています。やはり体に入れるものは、安心できる会社が作っている商品が一番。同じグルコサミンでも、製薬会社が作っているものは、信頼度がまず違います。小林製薬といえば、日本の製薬会社の中でもご家庭で愛用される医薬品、日用品を数多く輩出している有名企業。1位、2位の商品が合わないという方は、だまされたと思って、1度こちらを試してみてはいかがでしょうか?
 
※注: 腰痛は自分で治すのが理想ですが、ガンや骨粗しょう症による腰痛など、一刻もはやく病院に行くべき腰痛が存在していることも事実です。当サイトで検証する腰痛解消法については、あくまで腰痛症状は自己判断のみに頼らず、かかりつけ整形外科医等の専門家アドバイスを聞きながら行って頂くよう、お願い致します。

ぎっくり腰による腰痛関連ページ

脊椎分離症による腰痛
脊椎分離症とは簡単にいうと椎骨の間接の一部が一種の骨折を起こして分離した状態の腰痛の事を言います。
骨粗鬆症による腰痛
女性高齢者に多い骨粗鬆症患者の多くのケースでは、腰痛をきっかけに病気が発見されるといういうデータがあります。
座骨神経痛による腰痛
座骨神経痛で一番多いものは椎間板ヘルニアで座骨神経が圧迫されて起こるケースとされ、その他にも糖尿病や変形性腰椎症、脊椎分離症、病まれに腫瘍などで起こるケースなどがあります。
腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛
ヘルニアを起こす場所はほとんど決まっていて、第4腰椎と第5腰椎の間か、第5腰椎とその下の仙骨の間に集中して起こります。これは坐骨神経痛の原因となり、若い世代にも多く見られるのが特徴と言われています。
姿勢が原因となる腰痛
腰痛は日ごろの姿勢なども原因となり起こってくる症状です
内臓系疾患による腰痛
腰痛には、神経が傷ついたりして起こるものだけでなく、内臓の病気などが原因となっている場合もあると言われています。
ぎっくり腰による腰痛2
ぎっくり腰で怖いのは、繰り返すうちに椎間板の損傷が進んで、椎間板ヘルニアを起こすことです。椎間板ヘルニアを起こさないようにするためにも、再発に努めて日常の些細な動作にも意識して膝を使うようにしましょう。
ぎっくり腰による腰痛3
そこでお勧めなものが「逆方向スイング」です。右利きの人ならばクラブを右に振り上げて左へ振りぬく動作を繰り返すものですが、これでは腰椎の左右に偏った圧力が加わることとなり、腰痛の原因の一つとなってしまうのです。
ぎっくり腰による腰痛4
ぎっくり腰の予防には、酷使されている腰の筋肉の疲労回復を図ることがなによりも大切であるとされています。
女性特有の原因による腰痛
女性特有の腰痛の原因と症状

 
腰痛基礎知識 腰痛症状と対策 自分で行う対策 日常の予防法 酒井の腰痛対策 話題の治療