腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛

 

人の身体には背骨を形成する椎骨と椎骨の間には背骨にかかる衝撃を和らげるクッションの働きをしている椎間板という部分があり、これは丸いゼラチン上の「髄核」を中心に、その周囲を「繊維輪」という丈夫な組織が取り巻いています。

 

ところがこの椎間板は弾力に富んでいますが、20代になるとだんだんと水分が失われて変性してきてしまいます。このころから繊維輪にひび割れなどが生じ、その時に椎間板に強い圧力が加わる事で髄核が繊維輪にできた亀裂から押し出される事があるのです。

 

これら腰椎で起こる現象を「腰椎椎間板ヘルニア」と呼び、椎骨の前方は強い人体に支えられているので髄核が飛び出すのは椎骨の後方が多く、ほとんどが左右のどちらかに偏っているのです。そのためこのように髄核が飛び出したり膨らんだりして後方にある神経を圧迫する為に腰に痛みが起こってしまいます。

 

ヘルニアを起こす場所はほとんど決まっていて、第4腰椎と第5腰椎の間か、第5腰椎とその下の仙骨の間に集中して起こります。これは坐骨神経痛の原因となり、若い世代にも多く見られるのが特徴と言われています。

 

最新の研究では腰椎椎間板ヘルニアの発症原因の一つとして遺伝子要素が関わっていることを理化学研究所らの研究グループが突き止めたとも言われております。


椎間板ヘルニアの痛み

椎間板ヘルニアはただ単に腰が痛いという症状だけでなく、下肢にまで痛みやしびれが放散し、立った姿勢よりも前屈みや座っているときの方が椎間板にかかる圧力が高くなる為に痛みが強くなるのが特徴とされています。

 

また、坐骨神経痛に連なる神経根が圧迫されると太ももやふくらはぎ、足にまで及ぶ痛みの「坐骨神経痛」が起こってしまうのです。

 

他にも下肢の筋力の低下や麻痺、排泄障害など日常生活に支障を来すレベルの症状も併発してしまうのです。安静にしていると痛みは軽くはなるものの、そのまま放置すると逆に腰に負担がかかったときにさらに椎間板から髄核が押し出されて慢性的な症状となって行ってしまうのです。

 

椎間板ヘルニアの場合、症状は片側の下肢痛が多いですが、巨大又は中程度であっても真後へ突出したヘルニアの場合、両側で症状が発生してしまいます。

 

その痛みは脊髄神経根の圧迫や刺激によって起こってしまい、痛みやしびれだけではなく、感覚の異常や運動神経の麻痺による筋力低下、膀胱障害などがおこる場合もあるのです。その他にも、大きな腫れなどがみられる場合もあり、足があげられないほど重くなってしまうほどの自覚症状に悩まされてしまう人も少なくありません。

椎間板ヘルニアへの対策

痛みが激しいときは横になって軽く足を曲げるなど楽な姿勢を取る事で、飛び出した髄核や繊維輪が自然と吸収されてなくなる可能性があるので、3?6ヶ月程度は保存療法などで様子を見ると良いでしょう。

 

その間は薬物療法や神経ブロック、コルセットの装着、温熱、牽引療法などを行いますが、保存療法を行っても症状が改善されない場合や神経症状が強い場合、日常生活に支障が出ているなどという場合には手術を行わなければならないケースがあります。

 

昔からよく行われている方法が「ラブ方」といい、背中の皮膚を切開して飛ぶ出した髄核を取り除く方法です。直視下手術の他にも顕微鏡や内視鏡手術もあり、手術はだいたいが30分から1時間程度で終了しますが、それぞれ一週間前後の入院とリハビリが必要とされています。

 

顕微鏡手術や内視鏡手術の方はやや入院期間は短めとされています。手術後のリハビリも大切で、他にはレーザー療法でヘルニアを蒸発させたり、キモパインを注入して椎間板を溶解する方法がありますが、レーザー療法は適応法が限られており、注入療法はアレルギーを引き起こす可能性があるとも言われております。

 

尚、日本では健康保険の適用はされていないので、この点は知っておくべきでしょう。

 

レーザー治療や経費的椎間板ヘルニア摘出方がありますが、友好率が低く、適応が限られてしまうほか、社会保険適用除外で高額な医療費を自己負担せざるを得ず、さらに手術の効能や局所麻酔つき、痛みなどの個人差も極めて大きく、手術中にほとんど痛みを感じないうえで手術直後に症状が改善される患者もいれば、手術中に苦痛を覚えながらも術後半年以上経過してようやく症状が改善される患者もいるそうです。

 

無症状の椎間板ヘルニアが知られているように、椎間板ヘルニアはその症状によって治療法が決まるものであり、存在していることが治療の対象にはなりません。

 

椎間板ヘルニアの治療は原則的には保存療法が一般的には適用されますが、保存療法で奏効しない場合には、手術が必要とされます。学会内においても確立されていないとのことですが、に排尿障害が絶対手術適用とされているそうです。さらに、筋力の低下や激しい痛みを伴う場合にはすぐに手術の必要性有無を医師に問い合わせるべきでしょう。

 

3カ月以上症状が持続する場合は適応とされることが多いので、違和感を感じたらきちんと医者へ行くことが重要となります。腰痛は自分で治せるものもありますが、そうでないものもあるということを最初から知識として知っておくということも、大変重要なことであると思います。

椎間板ヘルニアには精密な検査が必要

若年性椎間板ヘルニアは椎間板内圧が高く、高齢者に比べて強い症状を起こしやすくなります。検査をする場合には、X線検査やMRI検査を施すでしょう。X線検査は椎間板ヘルニアそのものはX線には映らないものの、腰椎の骨性変化をみる時に有用であるとされています。

 

MRIは椎間板ヘルニアの診断には極めて有用であるとされており、侵襲性が無く、容易に画像上でヘルニアの形態を把握できることから利用されています。欠点はCTに比べて空間チェ気分解機能にお取りがあることぐらいで、激痛を伴う場合や、安静が困難なためにMRI撮影自体が困難な時もあるでしょう。

 

造影剤を硬膜内に注入し、その形状で神経の圧迫の程度を見る方法にミエログラフィーというものがあります。これはMRIが普及したことと、注射や薬剤投与が必要なため、患者への負担も大きくなってしまい、行われる頻度は減少しましたが、手術を考慮するような場合には必要とされることも少なくありません。

 

ミエログラフィーに加えて、侵襲性が高いものにディスコグラフィーというものがあります。侵襲性が高く、痛みが強いことから行われる頻度は少なくなりましたが、ヘルニアの責任高位の診断や外側型椎間板ヘルニアの診断に有効な事があります。

 

CT検査はミエログラフィーやディスコグラフィーに合わせて撮影することが多く、ヘルニアの骨性成分を見るためにあえて単純CTを撮影して比較することもあります。

 

椎間板ヘルニアは遺伝的な影響が大きいといわれており、CILPと呼ばれる蛋白質が変異し、軟骨の成長を妨げることが発症要因のひとつとされています。椎間板ヘルニアとほぼ同様の症状を示す他の病気として「脊髄腫瘍」がありますが、これは症例は少なくMRIやCTによる診察以外ではほぼ発見できないもので、患者の訴える症状の重篤さのわりにレントゲン画像が正常である場合には考慮する必要があります。

腰痛重症の管理人が「本当に助かった」のはコチラのおかげ

腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛

誰もが知っている健康企業、キューピーからグルコサミン&ヒアルロン酸がようやくお手元に届くようになりました。既にグルコサミンとヒアルロン酸をお飲みになっている方は多いでしょうが、それは本当に安心できる会社の商品でしょうか?キューピーさんの商品なら、老若男女誰もが安心して口にできるふしぶしへのお気遣い健康食品として、の評価で、堂々の1位です。
2位の商品は、今まで全く知らなかったこのグルコサミン。実は、ユンケルでおなじみの佐藤製薬社から出ているのです。通常のグルコサミンの3倍の体内補給効率を発揮する N-アセチルグルコサミンを配合した健康食品です。 1日たった4粒で必要な摂取量を補うことができます。なぜそんなことが可能かというと、ユンケル開発で培ったノウハウを生かした健康成分凝縮技術を存分に発行しているからなのですね。ユンケルをお飲みになったことがある方にはこちらの商品をお勧めいたします。
小林製薬のロングセラー商品、【グルコサミン&コラーゲンセット】は、発売以来19万人が愛用し、ふしぶしの健康に役立てられています。やはり体に入れるものは、安心できる会社が作っている商品が一番。同じグルコサミンでも、製薬会社が作っているものは、信頼度がまず違います。小林製薬といえば、日本の製薬会社の中でもご家庭で愛用される医薬品、日用品を数多く輩出している有名企業。1位、2位の商品が合わないという方は、だまされたと思って、1度こちらを試してみてはいかがでしょうか?
 
※注: 腰痛は自分で治すのが理想ですが、ガンや骨粗しょう症による腰痛など、一刻もはやく病院に行くべき腰痛が存在していることも事実です。当サイトで検証する腰痛解消法については、あくまで腰痛症状は自己判断のみに頼らず、かかりつけ整形外科医等の専門家アドバイスを聞きながら行って頂くよう、お願い致します。

腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛関連ページ

脊椎分離症による腰痛
脊椎分離症とは簡単にいうと椎骨の間接の一部が一種の骨折を起こして分離した状態の腰痛の事を言います。
骨粗鬆症による腰痛
女性高齢者に多い骨粗鬆症患者の多くのケースでは、腰痛をきっかけに病気が発見されるといういうデータがあります。
座骨神経痛による腰痛
座骨神経痛で一番多いものは椎間板ヘルニアで座骨神経が圧迫されて起こるケースとされ、その他にも糖尿病や変形性腰椎症、脊椎分離症、病まれに腫瘍などで起こるケースなどがあります。
姿勢が原因となる腰痛
腰痛は日ごろの姿勢なども原因となり起こってくる症状です
内臓系疾患による腰痛
腰痛には、神経が傷ついたりして起こるものだけでなく、内臓の病気などが原因となっている場合もあると言われています。
ぎっくり腰による腰痛
ぎっくり腰とはつまり「腰の捻挫」です。くしゃみや重い荷物を持ち上げた時、中腰の姿勢から立ち上がったときなど、急な動作がきっかけとなって腰に激痛が走る症状です。
ぎっくり腰による腰痛2
ぎっくり腰で怖いのは、繰り返すうちに椎間板の損傷が進んで、椎間板ヘルニアを起こすことです。椎間板ヘルニアを起こさないようにするためにも、再発に努めて日常の些細な動作にも意識して膝を使うようにしましょう。
ぎっくり腰による腰痛3
そこでお勧めなものが「逆方向スイング」です。右利きの人ならばクラブを右に振り上げて左へ振りぬく動作を繰り返すものですが、これでは腰椎の左右に偏った圧力が加わることとなり、腰痛の原因の一つとなってしまうのです。
ぎっくり腰による腰痛4
ぎっくり腰の予防には、酷使されている腰の筋肉の疲労回復を図ることがなによりも大切であるとされています。
女性特有の原因による腰痛
女性特有の腰痛の原因と症状

 
腰痛基礎知識 腰痛症状と対策 自分で行う対策 日常の予防法 酒井の腰痛対策 話題の治療