自分で出来る簡単腰痛対策

関節と骨を強くして、寝たきりを防ぐ『コラーゲン』

 

女性の方だけでなく、今では男性もみんなどこかで一度は聞いて知っているのが「コラーゲン」。肌をツヤツヤにするという、美肌効果を謳い文句にした化粧品や食品が随分と増えましたね。しかし、その科学的確証がなかなか存在しなかったのも事実です。

 

ところが近年、科学的にコラーゲンの効果が研究報告で紹介されました。「コラーゲンはペプチドのまま血液中に取り込まれる」というものですが、ここでは難しい話は省きます。

 

それよりも、なぜ私がコラーゲンに注目するのか。それは、私が美肌になりたいからではありません(美肌になればなったで良い事なのですが)。良質なコラーゲンが、老化した骨、関節の再生を促し、『ロコモティブシンドローム』を防ぐ有効な手段であることが科学的にも証明されたからです。

 

人間の体を構成している成分で、水分の次に多いのがタンパク質。体重比でみると、体の20%がタンパク質でできています。そして、全体重の20%あるタンパク質のうち、コラーゲンは実に30%にも及んでいます。

 

コラーゲンは体のどこにあるかというと、皮膚で全体内コラーゲンの40%を占めています。そして次に多いのが骨や軟骨部位で、全体内コラーゲンの20%近くを占めています。コラーゲンには細胞と細胞をつなぐ作用があり、コラーゲンなくして人間の体は形成されることはありません。

 

ただ恐ろしい事に、コラーゲンは加齢と共に減少します。50代は20代の70%にまで減少するとの研究データが存在します。そして、1度減少した体内コラーゲンは、外部からの摂取以外の方法では、自然と元の量に戻ることはないそうです。

 

更に、中年や高齢者の方にとって問題なのは、コラーゲンの量が減ることよりも「質が悪くなること(老化すること)」であると研究報告されています。
「体の節々が痛む」
「六〇歳を超えてから、腰が痛くてたまらない」
「骨折しやすくなってしまった」

 

という、腰痛を含むトラブルの一因として、仙腸関節のズレに加え、体内コラーゲンが古びてしまっている可能性も同時に指摘できるわけです。
また、中高年の女性は骨粗鬆症のリスクが大きく高まります。骨粗鬆症は激しい腰背痛を伴う病気として知られています。

 

しかし、2006年、2007年の研究調査において、コラーゲンの軟骨再生効果や、骨粗鬆症に対するマーカー改善データが、複数の医学論文や書籍で発表されました(※)。この調査報告の中で、年齢を重ねてコラーゲンが不足すると、腰や膝の関節部位で痛みを感じるが、コラーゲンペプチドの摂取により、腰痛及び膝関節痛の軽減効果がみられと報告されています(※)。

 

コラーゲン以外にも、きちんと調べてみれば、今は体内の軟骨成分再生を促す食品が沢山存在します。軟骨主成分の1つグルコサミン、軟骨や靭帯の弾力を増すコンドロイチンがいい例ですね。『関節包内矯正』や腰痛解消体操に加えて、こういった腰や関節に良いと研究結果が出ている栄養成分を、バランス良い食事から摂取することは極めて大事な事だと考えています。

 

尚、食事からとれる『腰・関節にいい』とされる成分ですが、コンドロイチンはフカヒレ、うなぎ、かまぼこなど、グルコサミンはカニ、エビの殻や干しエビに、山芋、オクラ、納豆などのネバネバ食品にはどちらも含まれています。そして注目のコラーゲンは魚鱗、鶏皮や手羽先、牛すじ、アンコウ、煮こごり等に豊富です。

 

皆さんも、是非、積極的良質なコラーゲン及び骨、関節、軟骨に良いと言われる栄養成分を含む食材を体内に取り入れることに積極的になり、身体の中から腰痛、ひいては、寝たきりにならないようにするための栄養摂取生活を、必ず心がけるようにしてください。

 

しっかりと良質なコラーゲン及び他栄養素を取り入れることで、私が患者さんにお勧めしている『さかい式腰痛解消体操』の効き目も、ぐぐぐっと向上されることが期待できるでしょう。

 

※出典:「魚鱗粉末の安全性ならびに腰痛・骨粗鬆症に対する効果」臨床医薬2007年8月
※出典:「腰痛および膝関節痛に対するコラーゲン10000mg含有ドリンクの有用性」診療と新薬2006年3月


腰痛重症の管理人が「本当に助かった」のはコチラのおかげ

誰もが知っている健康企業、キューピーからグルコサミン&ヒアルロン酸がようやくお手元に届くようになりました。既にグルコサミンとヒアルロン酸をお飲みになっている方は多いでしょうが、それは本当に安心できる会社の商品でしょうか?キューピーさんの商品なら、老若男女誰もが安心して口にできるふしぶしへのお気遣い健康食品として、の評価で、堂々の1位です。
2位の商品は、今まで全く知らなかったこのグルコサミン。実は、ユンケルでおなじみの佐藤製薬社から出ているのです。通常のグルコサミンの3倍の体内補給効率を発揮する N-アセチルグルコサミンを配合した健康食品です。 1日たった4粒で必要な摂取量を補うことができます。なぜそんなことが可能かというと、ユンケル開発で培ったノウハウを生かした健康成分凝縮技術を存分に発行しているからなのですね。ユンケルをお飲みになったことがある方にはこちらの商品をお勧めいたします。
小林製薬のロングセラー商品、【グルコサミン&コラーゲンセット】は、発売以来19万人が愛用し、ふしぶしの健康に役立てられています。やはり体に入れるものは、安心できる会社が作っている商品が一番。同じグルコサミンでも、製薬会社が作っているものは、信頼度がまず違います。小林製薬といえば、日本の製薬会社の中でもご家庭で愛用される医薬品、日用品を数多く輩出している有名企業。1位、2位の商品が合わないという方は、だまされたと思って、1度こちらを試してみてはいかがでしょうか?
 
※注: 腰痛は自分で治すのが理想ですが、ガンや骨粗しょう症による腰痛など、一刻もはやく病院に行くべき腰痛が存在していることも事実です。当サイトで検証する腰痛解消法については、あくまで腰痛症状は自己判断のみに頼らず、かかりつけ整形外科医等の専門家アドバイスを聞きながら行って頂くよう、お願い致します。

関節と骨を強くして、寝たきりを防ぐ『コラーゲン』関連ページ

はじめに
ゴッドハンド酒井慎太郎氏による、自分で出来る簡単腰痛対策を説明します。
あなたの腰痛の原因はこれだ
ゴッドハンド酒井慎太郎氏による、自分で出来る簡単腰痛対策を説明します。
『ロコモティブシンドローム』を知っていますか?
ゴッドハンド酒井慎太郎氏による、自分で出来る簡単腰痛対策を説明します。
関節包内矯正とは
ゴッドハンド酒井慎太郎氏による、自分で出来る簡単腰痛対策を説明します。
知っておこう!腰痛には2タイプある
ゴッドハンド酒井慎太郎氏による、自分で出来る簡単腰痛対策を説明します。
さかい式腰痛解消ストレッチ@(前かがみが痛い人編)
ゴッドハンド酒井慎太郎氏による、自分で出来る簡単腰痛対策を説明します。
さかい式腰痛解消ストレッチA(後ろに反らすと痛い人編)
ゴッドハンド酒井慎太郎氏による、自分で出来る簡単腰痛対策を説明します。
腰痛フリーになるための生活習慣術
ゴッドハンド酒井慎太郎氏による、自分で出来る簡単腰痛対策を説明します。
サプリメントや健康食品について
ゴッドハンド酒井慎太郎氏による、自分で出来る簡単腰痛対策を説明します。
腰痛を治れば人生が好転する
ゴッドハンド酒井慎太郎氏による、自分で出来る簡単腰痛対策を説明します。
酒井慎太郎プロフィール
ゴッドハンド酒井慎太郎氏による、自分で出来る簡単腰痛対策を説明します。

 
腰痛基礎知識 腰痛症状と対策 自分で行う対策 日常の予防法 酒井の腰痛対策 話題の治療