カーシートで腰痛対策

腰痛はドラーバー職に多い

カーシートで腰痛対策

 

現代の私達にとって、日常生活には車が必要不可欠です。しかし、それにともなって、車の運転が腰痛に与える影響も深刻にっており、特にタクシーやハイヤーなどの運転手さんは、一般の人に比べて腰痛になる確率が多いと統計データが裏付けております。

 

彼らの中の4人に1人は、腰痛を患って病院通いをしているとも言われており、そのような患者さんのほとんどから、「今の車のシート形状は、腰痛患者にとって悪い問題がある」と言う声が聞かれています。


腰痛予防カーシートの仕組み

腰痛予防に注に視点を置いた「腰痛予防カーシート」は、日本国内でも開発されています。そこで、国産車に装備されている標準シートと腰痛予防シートとの比較実験を行った例があります。

 

腰椎は、ゆるやかに前方に沿っているのが自然な形とされており、これを生理的前穹と呼びます。標準カーシートは、座面が柔らかく、座るとおしりや太ももが沈み込むので、いわゆる「しり落ち」の状態になるのです。そのため、猫背になってしまい、腰椎が後方に反りやすくなります。

 

これとは反対に、腰痛予防カーシートは、座面が硬めなので、腰椎の生理的前穹を保持するための肘当てである「ランバーサポート」という部分が、背もたれに設けられているのです。

 

この二つのシートが、それぞれ腰の筋肉に及ぼす影響を調べるために、健康な男子学生6名に二つのシートに、交互に2時間ずつ、計4時間、ただ安静にして座ってもらい、更に、半数は標準シートから、もう半数には腰痛予防シートから座ってもらい、腰に電極を張り付けて筋肉の電位を測定するという実験をしました。

 

節電位が高ければ高いほど、腰の筋肉が緊張し続けているという証拠になり、腰にとって負担の大きいシートとなるのです。

 

標準シートの方では、座り始めてから20分から30分後には、腰の筋肉の強い緊張が続いていました。一方、腰痛予防シートの方では、腰の筋肉はゆったりと弛緩して、2時間もこの状態が保たれ続けたのです。

 

また、マイカー通勤者にも腰痛予防シートを3カ月装着してもらったところ、ドライバーの約60%もの人に腰痛の改善がみられたという結果が出ました。

 

ランバーサポートを用いると、普段の姿勢のゆがみが矯正されるため、最初は違和感があり、刺激された古紙の筋肉は緊張を強めます。しかしこの姿勢は、本来腰にとって最も負担の少ない姿勢なので、しばらくすると緊張が解けてゆったりとするものだという結果につながっています。

 

腰痛持ちな上に、長時間運転を普段からする方は、腰痛対策の予防シートを導入するなどしながら、腰へ節電位がかかりづらいように気遣いながら運転をするという工夫を行うべきでしょう。

腰痛重症の管理人が「本当に助かった」のはコチラのおかげ

カーシートで腰痛対策

誰もが知っている健康企業、キューピーからグルコサミン&ヒアルロン酸がようやくお手元に届くようになりました。既にグルコサミンとヒアルロン酸をお飲みになっている方は多いでしょうが、それは本当に安心できる会社の商品でしょうか?キューピーさんの商品なら、老若男女誰もが安心して口にできるふしぶしへのお気遣い健康食品として、の評価で、堂々の1位です。
2位の商品は、今まで全く知らなかったこのグルコサミン。実は、ユンケルでおなじみの佐藤製薬社から出ているのです。通常のグルコサミンの3倍の体内補給効率を発揮する N-アセチルグルコサミンを配合した健康食品です。 1日たった4粒で必要な摂取量を補うことができます。なぜそんなことが可能かというと、ユンケル開発で培ったノウハウを生かした健康成分凝縮技術を存分に発行しているからなのですね。ユンケルをお飲みになったことがある方にはこちらの商品をお勧めいたします。
小林製薬のロングセラー商品、【グルコサミン&コラーゲンセット】は、発売以来19万人が愛用し、ふしぶしの健康に役立てられています。やはり体に入れるものは、安心できる会社が作っている商品が一番。同じグルコサミンでも、製薬会社が作っているものは、信頼度がまず違います。小林製薬といえば、日本の製薬会社の中でもご家庭で愛用される医薬品、日用品を数多く輩出している有名企業。1位、2位の商品が合わないという方は、だまされたと思って、1度こちらを試してみてはいかがでしょうか?
 
※注: 腰痛は自分で治すのが理想ですが、ガンや骨粗しょう症による腰痛など、一刻もはやく病院に行くべき腰痛が存在していることも事実です。当サイトで検証する腰痛解消法については、あくまで腰痛症状は自己判断のみに頼らず、かかりつけ整形外科医等の専門家アドバイスを聞きながら行って頂くよう、お願い致します。

カーシートで腰痛対策関連ページ

カーシートで腰痛対策2
標準のカーシートと腰痛対策カーシートの2つには、座面の硬さによる腰痛負荷実験にて大きな差が出ることとなりました。これに加え、さらにもう一つ大きな違いがあるので、ここで触れておきます。それは座面の高さです。
腰痛を防ぐ靴選び
軽度に靴の外側がすり減っるのは正しい歩き方をしている証拠なのですが、極端に前後左右のどこかが擦り減ってしまっている場合には、そういった「腰痛注意報」を感じることが必要となります。
ドライヤーと足紐で腰痛改善
ツボ押しの専門家は、腰痛のタイプに応じてこれらのツボを使い分けていますが、家庭療法としてツボ押しを自分で行う場合、素人にはツボの正確な位置や正しい特徴を覚えることはとても難しいのが現実です。そんな時にお勧めできるのは、ドライヤーを使ったツボ刺激方法です。
就寝時の寝相を正して腰痛予防
人間の背骨は腰のあたりで緩やかに前弯しており、骨盤は地面に対して30度ほども前傾している形が自然なものとされていますが、腰痛持ちの人の場合、腰椎の前穹が強まって、骨盤の傾斜角度も大きくなっているケースが多いと言われています。
後頭部マッサージと歯ブラシマッサージで腰痛予防
みなさんも肩や首がこったりや疲労が溜まった時などに、無意識に後頭部をトントンと叩いていることがあるかと思います。

 
腰痛基礎知識 腰痛症状と対策 自分で行う対策 日常の予防法 酒井の腰痛対策 話題の治療