【雑誌】腰痛を「自宅で自分で」治す方法…「週刊現代2016年6月4日号」より

週刊現代:腰痛を「自宅で自分で」治す方法 記事概要

【雑誌】腰痛を「自宅で自分で」治す方法…「週刊現代2016年6月4日号」より

 

腰痛治療ゴッドハンドの酒井慎太郎先生が、講談社「週刊現代」2016年6月4日号に取り上げられていました。早速、私も誌面を購入して、何か新しい腰痛治療のヒントがないかチェックいたしました。以下は大まかな記事概要です。

 

マッサージはいらない

 

酒井慎太郎院長の治療院には、50代、60代の腰痛患者が多くいるといい、その大半が、脊柱管狭窄症を代表する「体を後ろに反らすと痛みを感じる症状」だという。今までの常識では、こうした症状に対して、体を丸める動作を伴った腰痛体操が良いといわれてきましたが、その常識は覆り、今ではそれだけではなかなか腰痛は治らないとのこと。

 

こう話すのは、著書「脊柱管狭窄症は自分で治せる!」がベストセラーになっている、酒井クリニックグループ代表の酒井慎太郎氏。100万人の患者を診察し、「神の手を持つ治療家」ともいわれ、マンツーマンコースの予約は16年待ち(部分コースなら1年待ち)だ。

 

酒井氏の治療はマッサージ、手術、筋トレは一切行わず、「酒井式腰痛解消ストレッチ」を用いる。

 

体をそらす動き(過去は「逆効果」と思われていた)動きをも取り入れた方法を提唱している。

 

「腰痛の症状には、椎間板ヘルニアのように前かがみになると痛みが起こるものと、後ろに反ると神経が通る脊柱管が圧迫されて痛むものの2種類があります。これまでは、この2つのどちらかを判別して治療するのが常識でしたが、今は2つの症状が混ざり合ったタイプの腰痛があることに気が付きました」。

 

「腰痛は突発的に起こるのではなく、(発症までに)時系列に沿った物語があります。今、腰をそらせると痛みを感じる患者の多くが、若いころに前かがみになると痛みが出る腰痛だった場合がよくみられる。腰痛タイプは経年変化して、結果、2つの症状が組み合わさったミックスタイプの腰痛が生まれてしまう。したがって、偏った治療法では完治できなくなる」。

 

腰痛貯金を減らす

 

酒井先生は、日本人の腰痛患者は「体を反らす動き」が必要だと話す。

 

「農耕民族である日本人には、前かがみの姿勢が古くから定着している。お辞儀やうなずきといった『前かがみ文化』もある。この日常動作の積み重ねを『腰痛貯金』と呼び、日本人には蓄積しやすいために、腰痛が国民病といわれる所以となっている。だからこそ、体を丸めて反らすストレッチで、日々たまった腰痛貯金を減らす必要があります」。

 

腰痛貯金を減らすための酒井式おすすめストレッチは、完治の難しかったミックスタイプに特に効果的。

 

「腰の動きは背骨の腰部分を構成する『腰椎』と、骨盤中央の仙骨と左右の腸骨の境目にある『仙腸関節』という2つの関節がうまく連携して、初めて機能します。『仙腸関節』が動かなくなると、腰痛原因となるので、まず最初に矯正する必要があり、すべての腰痛を直す力があります。

 

イタ気持ちい

 

【雑誌】腰痛を「自宅で自分で」治す方法…「週刊現代2016年6月4日号」より

 

必要なのはテニスボール2個。これをガムテープでつなげて固定し、仙腸関節部分へあてた状態で寝転がる。そしてこの姿勢を数分キープ。毎日続ければ、凝り固まった仙腸関節を刺激して、腰痛知らずの体が手に入る。なんと、酒井先生自身もこの方法で自分の腰痛を治したという。

 

「他にも、前かがみになると痛みが起こる場合への対策として『おっとせい体操』、逆に、体を後ろに反らせると痛みが起こる場合は『ねこ体操』を試してください」。

 

「これらの体操を毎日継続すれば、3週間以内に効果を実感するはずです。『イタ気持ちいい』と感じるくらいが目安で、最初の三日は苦しく感じることもあるので、無理せず続けましょう」

 

※この記事は週刊現代の記事概要を簡単に要約したものです。具体的内容は、ぜひ、週刊現代本誌をお買い求めになった上で、直接御覧になってください。

 

【雑誌】腰痛を「自宅で自分で」治す方法…「週刊現代2016年6月4日号」より


管理人 クボタの感想 =実際に試してみた=

普段目にしている、酒井慎太郎先生への取材記事だったので、思わず購入してしまいました。内容的には、ずっと昔から酒井先生が唱えている腰痛解消ストレッチ(テンスボール体操、オットセイ体操、ねこ体操)でしたが、これらをまんべんなく組み合わせて腰痛解消を目指すというのはちょっと盲点でした。

 

どうも私の場合、テニスボール体操だったらそればかりをずっと続けてしまい、オットセイ体操と組み合わせたりする方法はいままでやってきませんでしたので、このあたりが新鮮でした。

 

私は最近ちょっと太ってきてしまったので、運動(ボクシング)を再開したところだったのですが、やっぱりというかなんというか・・・腰痛が再発した直後でした(いつも、腰痛になるときは何となく腰の重みというか、予兆めいた感覚でわかりますよね)。

 

久しぶりに、テニスボール体操をしっかりとやりつつ、オットセイ体操やねこ体操とも組み合わせて、しっかりと腰痛を直そうと思います。そうでないと、運動をしたくても全く痛みで体が動かせませんからね…。

 

 (by 管理人クボタ)

腰痛重症の管理人が「本当に助かった」のはコチラのおかげ

【雑誌】腰痛を「自宅で自分で」治す方法…「週刊現代2016年6月4日号」より

誰もが知っている健康企業、キューピーからグルコサミン&ヒアルロン酸がようやくお手元に届くようになりました。既にグルコサミンとヒアルロン酸をお飲みになっている方は多いでしょうが、それは本当に安心できる会社の商品でしょうか?キューピーさんの商品なら、老若男女誰もが安心して口にできるふしぶしへのお気遣い健康食品として、の評価で、堂々の1位です。
2位の商品は、今まで全く知らなかったこのグルコサミン。実は、ユンケルでおなじみの佐藤製薬社から出ているのです。通常のグルコサミンの3倍の体内補給効率を発揮する N-アセチルグルコサミンを配合した健康食品です。 1日たった4粒で必要な摂取量を補うことができます。なぜそんなことが可能かというと、ユンケル開発で培ったノウハウを生かした健康成分凝縮技術を存分に発行しているからなのですね。ユンケルをお飲みになったことがある方にはこちらの商品をお勧めいたします。
小林製薬のロングセラー商品、【グルコサミン&コラーゲンセット】は、発売以来19万人が愛用し、ふしぶしの健康に役立てられています。やはり体に入れるものは、安心できる会社が作っている商品が一番。同じグルコサミンでも、製薬会社が作っているものは、信頼度がまず違います。小林製薬といえば、日本の製薬会社の中でもご家庭で愛用される医薬品、日用品を数多く輩出している有名企業。1位、2位の商品が合わないという方は、だまされたと思って、1度こちらを試してみてはいかがでしょうか?
 
※注: 腰痛は自分で治すのが理想ですが、ガンや骨粗しょう症による腰痛など、一刻もはやく病院に行くべき腰痛が存在していることも事実です。当サイトで検証する腰痛解消法については、あくまで腰痛症状は自己判断のみに頼らず、かかりつけ整形外科医等の専門家アドバイスを聞きながら行って頂くよう、お願い致します。

【雑誌】腰痛を「自宅で自分で」治す方法…「週刊現代2016年6月4日号」より関連ページ

【テレビ】肩の痛みを治すひも治療法…「酒井慎太郎先生のゴッドハンドなび」より
東京MXテレビ「うたなび」で紹介されていた、肩および頸椎の治療法です。

 
腰痛基礎知識 腰痛症状と対策 自分で行う対策 日常の予防法 酒井の腰痛対策 話題の治療