【テレビ】肩の痛みを治すひも治療法…「酒井慎太郎先生のゴッドハンドなび」より

番組の概要書き起こし

【テレビ】肩の痛みを治すひも治療法…「酒井慎太郎先生のゴッドハンドなび」より

 

マックン(パックン・マックン):「このコーナーはですね、酒井クリニックグループ代表、そして、柔道整復師の酒井慎太郎先生がですね、音楽をより長く楽しむための体づくりをアドバイスしてくれるというコーナーでございます。そしてこの診療所のアシスタントをつとめるのが」

 

佐藤美咲:「はい、ルリロリの佐藤美咲です、よろしくお願いします。

 

マックン:「さあ、今回も患者さんが来ているということでちょっと呼んでみましょうか」

 

佐藤:「ではお入りください」

 

富澤一誠:「はーい」

 

マックン:「わあ、来ちゃいましたよ先生!富澤先生はミュージックミュージックレスキューというコーナーをやってて、そのコーナーをやっているときにもずっと腕、肩が痛い痛いって言っているんですよ。じゃこのコーナーくれば?って言ったら本当に来ちゃったというね 笑」

 

佐藤:「今回はどのようなお悩みですか?」

 

富澤:「今ね、左腕がしびれちゃってるのね。一日数回、激痛みたいなの走って。肩の肩甲骨のところが痛くて、そこが痛くなってから(左腕が)しびれるという感じですね」

 

マックン:「これが原因なのかな?みたいなのってあるんですか?」

 

富澤:「犬が二匹いるんですが、小さい犬が13キロ。あーちゃんっていうんですけどね 笑。そのあーちゃんは腰が悪いの。だから階段を上りあがり出来なんですよ。で私があーちゃんを抱いて、1日数回階段を行ったり来たりするの。ずしっときてるので、肩にきちゃってるんじゃないかなって」

 

マックン:「それでは酒井先生に見ていただきたいと思います、先生!よろしくお願いします。」

 

酒井慎太郎:「はい、よろしくお願いします。えっとですね、富澤先生と同じ症状を持つ方は結構いらっしゃるんですね、実は似たような疾患はこれだけあるんですね。四十肩、五十肩、頸椎ヘルニア、頚椎症、筋肉痛、肩こりと」

 

【テレビ】肩の痛みを治すひも治療法…「酒井慎太郎先生のゴッドハンドなび」より

 

酒井:「1つ気になっているのは、手の症状と肩甲骨がつらいとおっしゃっている。実は、頚椎症とか頸椎ヘルニアっているのは、首が前のほうに行くとこの首の前のパーツに椎間板があるんですね。それがつぶれてきてヘルニアとなり神経を圧迫するんです。そしてこうして症状が出てくるわけです。それで考えてみると、(富澤先生の場合は)頚椎症とか頸椎ヘルニアが入っている可能性があるというわけですね。

 

マックン:「じゃあその良い姿勢にするための先生のアドバイスを」

 

酒井:「はい、ここにロープがあるんですけれども、皆さんにも紐を用意してもらって…荷物紐とかでも結構なんですけれども、わかりやすいように太めの物を使っています。

 

一同:「はい」

 

酒井:「顎を引いた状態を意識していただくために行いますね(富澤の顎と体に紐をまく)。そして後ろでひもを交差します、そしてわきの下で結んでいただく」

 

マックン:「この状態で自分でやるとしたら何分くらいですか?」

 

酒井:「そうですね、大体30分く