腰痛症と腰痛の違いとは

腰痛症とは

腰痛症と腰痛の違いとは

 

腰痛のほとんどが運動不足やストレス、慢性疲労や悪い姿勢、肥満や弱い筋肉などによって起こるもので、いわゆる「腰痛症」といわれるものです。

 

腰痛症は一頃で言うと原因不明の症状で、腰の骨からくるものではなく、X写真などを見ても異常はなく、内臓などの他の要因もないのに腰が傷むというものです。


腰痛症は生活習慣病

中腰の姿勢で仕事をする人や長時間座りっぱなしで仕事をする人などに多く見られ、筋肉の疲労が積み重なって起こる症状であると考えられています。しかも背骨の筋肉が緊張するような姿勢を長時間撮り続ける事で、筋肉が硬くこわばってうっ血し、痛みを起こすのです。

 

主な症状としては慢性的なものだと腰の重さやだるさなどの症状が続き、腰が冷えた時なども痛みが増すものがほとんどです。腰痛症は生活習慣が原因とされており、それを改めない限りは何度でも再発してしまうのです。

 

そのため姿勢を良くして毎日腰痛体操を続ける事や肥満に気をつける事、過労やストレスを避けて規則正しい生活をする事などが重要とされているのです。

歩く事が腰痛には有効

体操は筋肉のこりをほぐす事で血液の循環を良くするとともに、筋肉を強化するので、腰痛の再発防止にもなります。

 

慢性的な腰痛のほとんどが運動不足による筋肉の低下によって起こるので、腹筋と背筋を強化する事が必要され、腹筋の力が低下すると腰のそりが強くなって腰痛の大きな原因となってしまうのです。

 

痛みが強いときなどには安静をする事の方が重要ですが、体調を見ながら少しぐらいなら痛くとも、適切な運動をする事で痛みを和らげられるのです。筋肉の痛みなどは入浴などで患部を良く暖めたり、マッサージで指圧する事で血行を良くする事で軽減されます。

 

また下肢の筋肉が弱る事で腰にかかる負担も大きくなり、痛みが増してしまうので、よく歩く事も重要となります。

 

太ももの前面にある大腿四頭筋が弱くなる事で膝が折れてしまったり、捕まらないと立てなくなったり、最終的には歩けなくなったりしてしまうのです。

 

歩くときには足の親指に力を入れて地面を蹴るようにして歩く事で、力が身体の中心に向かって姿勢が安定するので、そり腰にならない姿勢や腰に負担をかけない生活を心がけるようにしましょう。

 

デスクワークなどで同じ姿勢を長時間撮らずに適度に休憩してストレッチなどをする、中腰や前屈みの姿勢をずっと続ける事をなるべく避けるなどの自分で気をつけることが大切です。

 

洗面所や台所など前屈みの姿勢になりやすいときにはひざを曲げるか30cmぐらいの台などの上に片足を乗せる事で腰のそりが減って身体にとって楽な姿勢となるのです。"

腰痛重症の管理人が「本当に助かった」のはコチラのおかげ

腰痛症と腰痛の違いとは

誰もが知っている健康企業、キューピーからグルコサミン&ヒアルロン酸がようやくお手元に届くようになりました。既にグルコサミンとヒアルロン酸をお飲みになっている方は多いでしょうが、それは本当に安心できる会社の商品でしょうか?キューピーさんの商品なら、老若男女誰もが安心して口にできるふしぶしへのお気遣い健康食品として、の評価で、堂々の1位です。
2位の商品は、今まで全く知らなかったこのグルコサミン。実は、ユンケルでおなじみの佐藤製薬社から出ているのです。通常のグルコサミンの3倍の体内補給効率を発揮する N-アセチルグルコサミンを配合した健康食品です。 1日たった4粒で必要な摂取量を補うことができます。なぜそんなことが可能かというと、ユンケル開発で培ったノウハウを生かした健康成分凝縮技術を存分に発行しているからなのですね。ユンケルをお飲みになったことがある方にはこちらの商品をお勧めいたします。
小林製薬のロングセラー商品、【グルコサミン&コラーゲンセット】は、発売以来19万人が愛用し、ふしぶしの健康に役立てられています。やはり体に入れるものは、安心できる会社が作っている商品が一番。同じグルコサミンでも、製薬会社が作っているものは、信頼度がまず違います。小林製薬といえば、日本の製薬会社の中でもご家庭で愛用される医薬品、日用品を数多く輩出している有名企業。1位、2位の商品が合わないという方は、だまされたと思って、1度こちらを試してみてはいかがでしょうか?
 
※注: 腰痛は自分で治すのが理想ですが、ガンや骨粗しょう症による腰痛など、一刻もはやく病院に行くべき腰痛が存在していることも事実です。当サイトで検証する腰痛解消法については、あくまで腰痛症状は自己判断のみに頼らず、かかりつけ整形外科医等の専門家アドバイスを聞きながら行って頂くよう、お願い致します。

腰痛症と腰痛の違いとは関連ページ

困難な腰痛の原因究明
病院では医学とはあまり関わりのない一般的な説明や医師独自の解釈による説明などがなされ、実際には腰痛患者の8割は原因が特定されておらず、多くの患者はそのまま症状を放置しているという事が現状です。
姿勢による腰痛症状
一生のうちに日本人の約8割の人は腰痛を経験すると言われています。何故それほど腰痛に悩む人が多いのかというと、人類は4足歩行から2足歩行へと画期的な進化を遂げた時に、手の自由を獲得したことに原因があります。
姿勢による腰痛症状2
前項で述べた背骨や椎間板は非常に優秀な部位ですが、人類が2本脚歩行の際に受ける衝撃を吸収する為には圧力を多大に受けてしまい、その結果、反っている腰の部分には大きな負担がかかってしまうのです。
腰痛による労災認定
腰痛を労働災害として労災申請をする場合には、労働基準監督局へ写真を持参して認められたケースもあり、現場の写真やデータを必要とします。

 
腰痛基礎知識 腰痛症状と対策 自分で行う対策 日常の予防法 酒井の腰痛対策 話題の治療