困難な腰痛の原因究明

難しい腰痛の定義

困難な腰痛の原因究明

 

腰痛は国や地域、行政が学会の方針、生活習慣などによって罹患率が異なります。日本では腰痛が最も多い症状であり、日本人の8割以上が障害において腰痛を経験していると言われる、腰痛大国であると言われています。

 

しかし、多くの人々は腰痛を口々に訴えてはいますが、画像診断に異常が見られない患者は疾患として認められない為、健常者という扱いになってしまいます。

 

そのため病院では医学とはあまり関わりのない一般的な説明や医師独自の解釈による説明などがなされ、実際には腰痛患者の8割は原因が特定されておらず、多くの患者はそのまま症状を放置しているという事が現状です。


欧州での腰痛ガイドライン

欧州では1976年にナッケムソンによる指摘で、腰痛の原因は姿勢にあるといわれ、就労中や家事労働中などの予防策が進み、腰痛患者が激減しているそうです。
米国では腰痛患者の多くが原因が特定されていないとされている点について、ナッケムソンは明確に学会の責任を指摘しているそうです。

 

欧州におけるガイドラインによれば、腰痛の原因は疾患ではなく、腰部に負担のかかる動作による脊椎や腰椎、神経などの障害や、腫瘍による慢性疾患からの2種類とされています。

 

1976年、整形外科医のナッケムソンは腰痛の原因を腰部に負担のかかる動作による症状と解明し、予防としては整形外科医の学会などで整形外科医などに対して腰部に負担のかかる動作をさせないように知識を広め、予防を働きかける啓蒙活動を求めました。

 

また、学会と政府などに対して、腰痛を「前の職場で抱えた永久に続く持病」や「永久に労働災害保険の支払い対象としない」とする「古い労災保険制度」を温存せず、社会保障制度の抜け道を造らないように方針転換を強く促しました。

日本における腰痛の認識

一方、日本政府は「腰痛び業務以外の認定基準の検討に関する専門家会議」による議論の結果、1976年の10月に腰痛の原因は業務上の作業および姿勢による症状と制度的に認定し、必要な場合には専門医の意見を優先するとし、同一箇所への再発も労災の対象として認定するようになりました。

 

腰痛は雇用の継続や再就職の困難をもたらす原因となる可能性が高く、収入の途絶えなど社会生活を営む上での重大な障害となる可能性が高く、身体障害に関する社会福祉政策の対象として認定されるに至らないケースが大半なのです。

 

そのため労咳災害保険の認定が非常に重要となり、在職中に一度でも診療を受けた実績がなければ労災・障害年金は申請が難しいので、どんなに辛くても当日中あるいは在職中に整形外科の労災史低病院での診断を受ける必要があると言えます。

 

ただし職場での発症当日に職場から救急車で緊急入院した場合でも労災と認定されていないケースもあり、労災申請には会社の証明だけでなく医師の証明も不可欠となります。"

腰痛重症の管理人が「本当に助かった」のはコチラのおかげ

困難な腰痛の原因究明

誰もが知っている健康企業、キューピーからグルコサミン&ヒアルロン酸がようやくお手元に届くようになりました。既にグルコサミンとヒアルロン酸をお飲みになっている方は多いでしょうが、それは本当に安心できる会社の商品でしょうか?キューピーさんの商品なら、老若男女誰もが安心して口にできるふしぶしへのお気遣い健康食品として、の評価で、堂々の1位です。
2位の商品は、今まで全く知らなかったこのグルコサミン。実は、ユンケルでおなじみの佐藤製薬社から出ているのです。通常のグルコサミンの3倍の体内補給効率を発揮する N-アセチルグルコサミンを配合した健康食品です。 1日たった4粒で必要な摂取量を補うことができます。なぜそんなことが可能かというと、ユンケル開発で培ったノウハウを生かした健康成分凝縮技術を存分に発行しているからなのですね。ユンケルをお飲みになったことがある方にはこちらの商品をお勧めいたします。
小林製薬のロングセラー商品、【グルコサミン&コラーゲンセット】は、発売以来19万人が愛用し、ふしぶしの健康に役立てられています。やはり体に入れるものは、安心できる会社が作っている商品が一番。同じグルコサミンでも、製薬会社が作っているものは、信頼度がまず違います。小林製薬といえば、日本の製薬会社の中でもご家庭で愛用される医薬品、日用品を数多く輩出している有名企業。1位、2位の商品が合わないという方は、だまされたと思って、1度こちらを試してみてはいかがでしょうか?
 
※注: 腰痛は自分で治すのが理想ですが、ガンや骨粗しょう症による腰痛など、一刻もはやく病院に行くべき腰痛が存在していることも事実です。当サイトで検証する腰痛解消法については、あくまで腰痛症状は自己判断のみに頼らず、かかりつけ整形外科医等の専門家アドバイスを聞きながら行って頂くよう、お願い致します。

困難な腰痛の原因究明関連ページ

腰痛症と腰痛の違いとは
腰痛症は一頃で言うと原因不明の症状で、腰の骨からくるものではなく、X写真などを見ても異常はなく、内臓などの他の要因もないのに腰が傷むというものです。
姿勢による腰痛症状
一生のうちに日本人の約8割の人は腰痛を経験すると言われています。何故それほど腰痛に悩む人が多いのかというと、人類は4足歩行から2足歩行へと画期的な進化を遂げた時に、手の自由を獲得したことに原因があります。
姿勢による腰痛症状2
前項で述べた背骨や椎間板は非常に優秀な部位ですが、人類が2本脚歩行の際に受ける衝撃を吸収する為には圧力を多大に受けてしまい、その結果、反っている腰の部分には大きな負担がかかってしまうのです。
腰痛による労災認定
腰痛を労働災害として労災申請をする場合には、労働基準監督局へ写真を持参して認められたケースもあり、現場の写真やデータを必要とします。

 
腰痛基礎知識 腰痛症状と対策 自分で行う対策 日常の予防法 酒井の腰痛対策 話題の治療